M000 補綴時診断料

M000 補綴時診断料(1口腔につき) 100点

注1 当該診断料は、病名、症状、治療内容、製作を予定する部位、欠損補綴物の名称、欠損補綴物に使用する材料、設計、治療期間等について、患者に対し、説明を行った場合に算定する。

2 同一患者につき、補綴時診断料を算定すべき診断を2回以上行った場合は、1回目の診断を行ったときに限り算定する。

3 保険医療材料料は、所定点数に含まれる。

4 区分番号M000-3に掲げる広範囲顎骨支持型補綴診断料は、別に算定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。