I017-2 床副子調整

I017-2 床副子調整(1口腔につき)
1 睡眠時無呼吸症候群の治療法としての咬合床の場合 120点
2 咬合挙上副子の場合 220点

注1 1については、新たに製作した睡眠時無呼吸症候群の治療法としての咬合床の装着時又は装着後1月以内に製作を行った保険医療機関において適合を図るための調整を行った場合に、1回を限度として算定する。

2 同一の患者について1月以内に床副子調整を2回以上行った場合は、床副子調整は1回とし、第1回の調整を行ったときに算定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。