L009 麻酔管理料(I)

L009 麻酔管理料(I)
1 硬膜外麻酔又は脊椎麻酔を行った場合 200点
2 マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔を行った場合 900点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該保険医療機関の麻酔に従事する医師(麻酔科につき医療法第6条の6第1項に規定する厚生労働大臣の許可を受けた者に限る。)が行った場合に算定する。

2 1について、帝王切開術の麻酔を行った場合は、700点を所定点数に加算する。

3 区分番号L010に掲げる麻酔管理料(II)を算定している場合は算定できない。

4 区分番号K017、K020、K136-2、K151-2、K175の2、K379-2の2、K395、K558、K560の3のイ、K560の3のロ、K560の3のハ、K560の5、K579-2の2、K581の3、K582の3、K584の2、K605-2、K605-4、K645、K675の5、K677-2の1、K697-5、K697-7及びK801の1に掲げる手術に当たって、区分番号L008に掲げるマスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔の実施時間が8時間を超えた場合は、長時間麻酔管理加算として7,500点を所定点数に加算する。


施設基準告示:
二 麻酔管理料(I)の施設基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。