C002 在宅時医学総合管理料

C002 在宅時医学総合管理料(月1回)

1 在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院であって別に厚生労働大臣が定めるものの場合
イ 病床を有する場合
(1) 保険薬局において調剤を受けるために処方せんを交付する場合
[1] 同一建物居住者以外の場合 5,000点
[2] 同一建物居住者の場合 1,200点
(2) 処方せんを交付しない場合
[1] 同一建物居住者以外の場合 5,300点
[2] 同一建物居住者の場合 1,500点
ロ 病床を有しない場合
(1) 保険薬局において調剤を受けるために処方せんを交付する場合
[1] 同一建物居住者以外の場合 4,600点
[2] 同一建物居住者の場合 1,100点
(2) 処方せんを交付しない場合
[1] 同一建物居住者以外の場合 4,900点
[2] 同一建物居住者の場合 1,400点

2 在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院(1に規定するものを除く。)の場合
イ 保険薬局において調剤を受けるために処方せんを交付する場合
(1) 同一建物居住者以外の場合 4,200点
(2) 同一建物居住者の場合 1,000点
ロ 処方せんを交付しない場合
(1) 同一建物居住者以外の場合 4,500点
(2) 同一建物居住者の場合 1,300点

3 1及び2に掲げるもの以外の場合
イ 保険薬局において調剤を受けるために処方せんを交付する場合
(1) 同一建物居住者以外の場合 3,150点
(2) 同一建物居住者の場合 760点
ロ 処方せんを交付しない場合
(1) 同一建物居住者以外の場合 3,450点
(2) 同一建物居住者の場合 1,060点

注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関(診療所、在宅療養支援病院及び許可病床数が200床未満の病院(在宅療養支援病院を除く。)に限る。)において、在宅での療養を行っている患者(介護保険法第8条第11項に規定する特定施設、同条第20項に規定する地域密着型特定施設又は特別養護老人ホームにおいて療養を行っている患者その他入居している施設において一定の医学的管理を受けている患者(以下「特定施設入居者等」という。)を除く。)であって通院が困難なものに対して、患者の同意を得て、計画的な医学管理の下に月2回以上の定期的な訪問診療を行っている場合に、月1回に限り算定する。

2 在宅時医学総合管理料を算定すべき医学管理を行った場合においては、別に厚生労働大臣が定める診療に係る費用及び投薬の費用は、所定点数に含まれるものとする。

3 在宅医療に移行後、当該点数を算定した日の属する月から起算して3月以内の期間、月1回に限り、在宅移行早期加算として、100点を所定点数に加算する。ただし、在宅医療に移行後、1年を経過した患者については算定しない。

4 在宅時医学総合管理料を算定すべき医学管理に関し特別な管理を必要とする患者(別に厚生労働大臣が定める状態等にあるものに限る。)に対して、1月に4回以上の往診又は訪問診療を行った場合には、患者1人につき1回に限り、重症者加算として、1,000点を所定点数に加算する。

5 区分番号C002-2に掲げる特定施設入居時等医学総合管理料を算定している患者については算定しない。

6 2については、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合するものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関が行った場合は、在宅療養実績加算として、同一建物居住者以外の場合は300点、同一建物居住者の場合は75点をそれぞれ所定点数に加算する。


施設基準告示:


留意事項通知:
[留意]C002 在宅時医学総合管理料、C002-2


疑義解釈:
[疑義]C002 在宅時医学総合管理料


関連リンク:
[答申]C002 在宅時医学総合管理料


キーワード:
在宅移行早期加算
重症者加算
在宅療養実績加算

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。