[通知]第29の2 内服・点滴誘発試験

第29の2 内服・点滴誘発試験

1 内服・点滴誘発試験に関する施設基準
(1) 皮膚科を標榜している保険医療機関であること。
(2) 薬疹の診断及び治療の経験を10年以上有する皮膚科を担当する常勤の医師が1名以上配置されていること。
(3) 急変時等の緊急事態に対応するための体制その他当該検査を行うための体制が整備されていること。

2 届出に関する事項
(1) 内服・点滴誘発試験の施設基準に係る届出は、別添2の様式31の2を用いること。
(2) 皮膚科を担当する医師の薬疹の診断及び治療の経験がわかるものを添付すること。


関連リンク:
[通知]別添2 様式


施設基準告示:
十三 内服・点滴誘発試験の施設基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。