[通知]第68 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

第68 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

1 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)に関する施設基準
循環器科、心臓血管外科又は麻酔科のうち、いずれか一つの診療科の経験を5年以上有する医師が1名以上配置されていること。

2 届出に関する事項
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)の施設基準に係る届出は、別添2の様式24を用いること。


関連リンク:
[通知]別添2 様式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。