[通知]第57の10 骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家培養軟骨移植術に限る。)

第57の10 骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家培養軟骨移植術に限る。)

1 骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家培養軟骨移植術に限る。)に関する施設基準
次のいずれにも該当する保険医療機関において実施すること。
(1) CT撮影及びMRI撮影の施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出ていること。
(2) 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)又は運動器リハビリテーション料(Ⅱ)の施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出ていること。
(3) 関節軟骨修復術を含む骨切り術、関節鏡下靱帯再建術、半月板手術、人工膝関節置換術等の膝関節手術を年間100症例以上実施していること又は大学病院本院であること。
(4) 整形外科の経験を5年以上有しており、関節軟骨修復術10症例以上を含む膝関節手術を術者として100症例以上実施した経験を有する常勤の医師であって、所定の研修を修了している常勤の整形外科の医師が1名以上配置されていること。なお、当該研修は次の内容を含むものであること。
ア 当該材料の適応に関する事項
イ 変形性膝関節症との鑑別点に関する事項
ウ 軟骨採取法に関する事項
エ 周術期管理に関する事項
オ 合併症への対策に関する事項
カ リハビリテーションに関する事項
キ 全例調査方法に関する事項
ク 手術方法に関する事項(当該材料に類似した人工物を用いた手技を含む。)

2 届出に関する事項
(1) 骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家培養軟骨移植術に限る。)の施設基準に係る届出は、別添2の様式50の6及び様式52を用いること。
(2) 整形外科を担当する医師の氏名、勤務の態様(常勤・非常勤、専従・非専従、専任・非専任の別)及び勤務時間を、別添2の様式4を用いて提出すること。


関連リンク:
[通知]別添2 様式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。