一 保険医療機関間の連携による病理診断の施設基準

一 保険医療機関間の連携による病理診断の施設基準

(1) 標本の送付側
離島等に所在する保険医療機関その他の保険医療機関であって、病理標本の作製を行うにつき十分な体制が整備されていること。

(2) 標本の受取側
次のいずれにも該当するものであること。
イ 病理診断管理加算に係る届出を行っている施設であること。
ロ 病理診断を行うにつき十分な体制が整備された病院であること。


施設基準通知:
[通知]第84の3 保険医療機関間の連携による病理診断


点数告示:
第13部 病理診断 通則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。