[留意]J110 広範囲顎骨支持型装置掻爬術

J110 広範囲顎骨支持型装置掻爬術

広範囲顎骨支持型装置掻爬術とは、区分番号M025-2に掲げる広範囲顎骨支持型補綴に係る補綴物を装着した患者であって、インプラント体周囲の粘膜組織や骨組織に炎症が認められ、機械的清掃や抗菌薬投与等を行ったにもかかわらず炎症が治まらない場合に、消炎処置として粘膜骨膜弁を剥離し、インプラント体表面の汚染物質や不良肉芽の除去等を行う手術をいい、同一初診期間中1回を限度として算定する。


点数告示:
J110 広範囲顎骨支持型装置掻爬術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。