[留意]I017-3 顎外固定

I017-3 顎外固定

(1) 「1 簡単なもの」とは、おとがい帽を用いて顎外固定を行った場合をいう。

(2) 「2 困難なもの」とは、顎骨骨折の際に即時重合レジン、ギプス包帯等で顎外固定を行った場合又は歯科領域における習慣性顎関節脱臼の処置に際して顎帯による牽引又は固定を行った場合をいう。


点数告示:
I017-3 顎外固定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。