[留意]I017-2 床副子調整

I017-2 床副子調整

(1) 睡眠時無呼吸症候群の治療法としての咬合床の装着を行った後、適合を図るための調整等が必要となり、咬合床の調整(装着時又は装着後1月以内に限る。)を行った場合は、1口腔につき1回を限度として「1 睡眠時無呼吸症候群の治療法としての咬合床の場合」により算定する。

(2) 咬合挙上副子を装着後、咬合面にレジンを添加し調整した場合は1口腔1回につき「2 咬合挙上副子の場合」により算定する。なお、咬合挙上副子の調整は、月1回を限度として算定する。

(3) 「1 睡眠時無呼吸症候群の治療法としての咬合床の場合」及び「2 咬合挙上副子の場合」において調整を行った場合は、診療録に調整部位、方法等を記載する。


点数告示:
I017-2 床副子調整

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。