[留意]I002 知覚過敏処置

I002 知覚過敏処置

(1) イオン導入法は、知覚過敏処置に含まれ別に算定できない。

(2) 歯冠形成後、知覚過敏が生じた有髄歯に対する知覚鈍麻剤の塗布は、歯冠形成、印象採得、咬合採得、仮着及び装着と同時に行う場合を除き「1 3歯まで」又は「2 4歯以上」の所定点数により算定する。


点数告示:
I002 知覚過敏処置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。