[留意]K736 人工肛門形成術

K736 人工肛門形成術

人工肛門造設後における、人工肛門狭窄又は腸管断端の過不足により、改めてそれを拡張又は整形した場合は、本区分により算定する。


点数告示:
K736 人工肛門形成術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。