[留意]K697-3 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)

K697-3 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)

(1) 「1」及び「2」のそれぞれについて、「イ」及び「ロ」を併せて実施した場合には、主たるもののみ算定する。

(2) 区分番号「K697-2」肝悪性腫瘍マイクロ波凝固法と併せて行った場合には、主たるもののみ算定する。

(3) ここでいう2センチメートルとは、ラジオ波による焼灼範囲ではなく、腫瘍の長径をいう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。