[留意]K562-2 胸腔鏡下動脈管開存閉鎖術

K562-2 胸腔鏡下動脈管開存閉鎖術

次に定める要件をいずれも満たす場合に限り算定する。

(1) 16歳未満の患者に実施すること

(2) 最大径が10mm以下で、かつ、石灰化、感染又は瘤化していない動脈管に対して実施すること


点数告示:
K562-2 胸腔鏡下動脈管開存閉鎖術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。