[留意]K522-2 食道ステント留置術

K522-2 食道ステント留置術

(1) タラポルフィンナトリウム及び半導体レーザー用プローブを用いて食道悪性腫瘍レーザー焼灼術を実施した場合には、本区分の所定点数に準じて算定する。

(2) 食道悪性腫瘍レーザー焼灼術の実施に当たり、追加照射の要否を判定するための内視鏡検査及び再照射に係る費用は全て所定の点数に含まれ、別に算定できない。


点数告示:
K522-2 食道ステント留置術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。