[留意]J034-2 EDチューブ挿入術

J034-2 EDチューブ挿入術

(1) EDチューブ挿入術は、胃食道逆流症や全身状態の悪化等により、経口又は経胃の栄養摂取では十分な効果が得られない患者に対して実施した場合に限り算定する。

(2) EDチューブ挿入術は、X線透視下にEDチューブを挿入し、食道から胃を通過させ、先端が十二指腸あるいは空腸内に存在することを確認した場合に算定する。

(3) EDチューブを用いて経管栄養を行う場合には、区分番号「J120」鼻腔栄養(1日につき)の所定点数により算定する。


点数告示:
J034-2 EDチューブ挿入術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。