[留意]D237-2 反復睡眠潜時試験(MSLT)

D237-2 反復睡眠潜時試験(MSLT)
反復睡眠潜時試験(MSLT)は、ナルコレプシー又は特発性過眠症が強く疑われる患者に対し、診断の補助として、概ね2時間間隔で4回以上の睡眠検査を行った場合に1月に1回を限度として算定する。なお、本検査と区分番号「D237」終夜睡眠ポリグラフィーを併せて行った場合には、主たるもののみ算定する。


点数告示:
D237-2 反復睡眠潜時試験(MSLT)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。