[留意]D236 脳誘発電位検査

D236 脳誘発電位検査

(1) 脳誘発電位検査は、刺激又は負荷を加えながら脳活動電位を記録し、コンピューター等により解析を行うものであり、同時に記録した脳波検査については、別に算定できない。

(2) 「3」と「4」を両方行った場合は、主たるもののみ算定する。


点数告示:
D236 脳誘発電位検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。