[留意]D210-4 T波オルタナンス検査

D210-4 T波オルタナンス検査

(1) 心筋梗塞、心筋症、Brugada症候群等により、致死性の心室性不整脈が誘発される可能性がある患者に対し行われた場合に算定する。

(2) 当該検査の実施にあたり行った区分番号「D208」心電図検査、区分番号「D209」負荷心電図検査、区分番号「D210」ホルタ―型心電図及び区分番号「D211」トレッドミルによる負荷心肺機能検査、サイクルエルゴメーターによる心肺機能検査は別に算定できない。


点数告示:
D210-4 T波オルタナンス検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。