[留意]C110-2 在宅振戦等刺激装置指導管理料

C110-2 在宅振戦等刺激装置指導管理料

(1) 在宅振戦等刺激装置治療指導管理料は、植込型脳・脊髄電気刺激装置を植え込んだ後に、在宅において、患者自らが送信器等を用いて治療を実施する場合に、診察とともに治療効果を踏まえ、装置の状態について確認・調節等を行った上で、当該治療に係る指導管理を行った場合に算定する。

(2) プログラムの変更に係る費用は所定点数に含まれる。

(3) 計測した指標と指導内容を診療録に記載すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。