[留意]C110 在宅自己疼痛管理指導管理料

C110 在宅自己疼痛管理指導管理料

(1) 在宅自己疼痛管理指導管理料は、疼痛除去のために植込型脳・脊髄電気刺激装置を植え込んだ後に、在宅において、患者自らが送信器を用いて疼痛管理を実施する場合に算定する。

(2) 対象となる患者は難治性慢性疼痛を有するもののうち、植込型脳・脊髄電気刺激装置を植え込み、疼痛管理を行っている患者のうち、在宅自己疼痛管理を行うことが必要と医師が認めたものである。


点数告示:
C110 在宅自己疼痛管理指導管理料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。