複数手術に係る費用の特例

複数手術に係る費用の特例
平成26年3月19日厚生労働省告示第87号
最終対応:平成26年4月23日訂正事務連絡当サイトの対応履歴

診療報酬の算定方法(平成二十年厚生労働省告示第五十九号)の規定に基づき、複数手術に係る費用の特例を次のように定め、平成二十六年四月一日から適用し、複数手術に係る費用の特例(平成二十四年厚生労働省告示第百三十八号)は、同年三月三十一日限り廃止する。
平成二十六年三月十九日 厚生労働大臣 田村 憲久

複数手術に係る費用の特例

一 診療報酬の算定方法(平成二十年厚生労働省告示第五十九号)別表第一医科診療報酬点数表の第2章第10部に規定する別に厚生労働大臣が定める場合における費用の額の算定方法
(1) 同一手術野又は同一病巣につき、別表第一の上欄に掲げる手術とそれぞれ同表の下欄に掲げる手術とを同時に行った場合は、主たる手術の所定点数と従たる手術(一つに限る。)の所定点数の百分の五十に相当する点数とを合算して算定する。
(2) 同一手術野又は同一病巣につき、別表第二に掲げる手術を二以上同時に行った場合の所定点数は、主たる手術の所定点数と従たる手術(一つに限る。)の所定点数の百分の五十に相当する点数とを合算して算定する。

二 診療報酬の算定方法別表第二歯科診療報酬点数表の第2章第9部に規定する別に厚生労働大臣が定める場合における費用の額の算定方法
同一手術野又は同一病巣につき、別表第三の上欄に掲げる手術とそれぞれ同表の下欄に掲げる手術とを同時に行った場合は、主たる手術の所定点数と従たる手術(一つに限る。)の所定点数の百分の五十に相当する点数とを合算して算定する。

別表第一(訂正後)

別表第二
K534 横隔膜縫合術
K615-2 経皮的大動脈遮断術
K640 腸間膜損傷手術
K647 胃縫合術(大網充填術又は被覆術を含む。)
K655 胃切除術
K672 胆嚢摘出術
K690 肝縫合術
K695 肝切除術
K701 膵破裂縫合術
K710 脾縫合術(部分切除を含む。)
K711 脾摘出術
K712 破裂腸管縫合術
K726 人工肛門造設術
K757 腎破裂縫合術
K769 腎部分切除術
K787 尿管尿管吻合術
K795 膀胱破裂閉鎖術

別表第三


関連通知:
複数手術に係る費用の特例について


点数告示:
第10部 手術 通則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。