② 外来医療について

② 外来医療について

ア 高齢化がさらに進展する中で、まずは身近な主治医を受診し、必要に応じて大病院や専門病院を紹介してもらうとともに、ある程度回復し、又は病状が安定したら、主治医に逆紹介される体制を整備することが重要である。

イ 複数の慢性疾患を持つ患者に適切な医療を提供しつつ、外来医療の機能分化・連携を更に推進するため、以下の事項について検討を行う必要がある。
・ 診療所や中小病院における主治医機能の評価
・ 大病院の専門外来の評価
・ 大病院の紹介外来を更に推進する方策 等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。