(4) 効率化余地がある分野を適正化する視点

(4) 効率化余地がある分野を適正化する視点

ア 厳しい医療保険財政の下、今後医療費が増大していくことが見込まれる中で、効率化余地がある分野については適正化を推進していくことが患者負担や保険料への影響等の観点からも重要であり、このため、以下の事項について検討を行う必要がある。
・ 後発医薬品の使用促進
・ 長期収載品の薬価の特例的な引下げ
・ 平均在院日数の減少、いわゆる社会的入院の是正
・ 医薬品、医療機器、検査等の適正な評価
・ 大規模薬局の調剤報酬の適正化 等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。