コメント欄への書き込みについて

コメント欄への書き込みについて

各ページの「コメント」は、診療報酬に関する疑問を質問したり、回答したりすることで、参加している方がお互いに学び、知識を分かち合い、質問したい人と回答したい人を結び、幅広く情報を共有することを目指しています。

利用規約

コメント欄への書き込みについて、以下のとおり利用規約を定めます。コメント欄への書き込みは、予め本規約に同意した上で利用するものとします。
書き込みする者(以下「利用者」といいます)は、書き込みを行った時点で、当該書き込みに関する一切の著作権が本サービスの管理者に譲渡されることを承諾するものとします。
なお、管理者はコメント欄を予告なく変更、全部又は一部の利用停止、廃止することが出来ます。
本規約は、予告なく内容を変更する場合があります。

管理者が禁止している行為は、以下のとおりとします。
診療報酬に一切関係のない投稿、公序良俗に反する、著作権を侵害する、個人情報漏えいといった内容を含む質問・回答や不快な投稿を禁止します。また禁止行為があった場合は、管理者の権限により予告なく質問・回答を削除します。

コメント欄への書き込みについて” へのコメントが 4 点あります

  1. 次回の改定で急性期看護補助体制加算や看護必要度加算の基準である新看護必要度を満たす患者の割合の経過措置は新規の届出の場合においても適用されるのでしょうか?

  2. 今の職場は、診療科が2科あるのですが、先日のレセプトで、再診+再診(同日2科目)を算定した患者さんの返戻がありました。
    内容は、再診(同日2科目)を算定した診療科を記載してレセプトを再提出してくださいとの内容でした。
    このような内容での返戻は初めてで、いろいろ調べてはみたのですが、どこにそのような記載が載っているのかわかりませんでした。
    どこを参考にしたらよいのでしょうか?

  3. 関連のある疾病ではなかったですか?
    同一日2科目の再診は関連のある疾病である場合は再診料は算定できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。